ホーム>外壁塗装

外壁塗装

塗装は建物の寿命を延ばす効果もあります。

外壁

現場で今迄の経験、知識、技術などを生かし、施主様の建物に最適な塗料、工法をご提案いたします。
ご相談し、ご納得して頂ける工事ををしていきます。

知っていましたか?塗装によって家を守っているということを!

外壁塗装

外壁塗装によって美観を保つ目的もあります。
本来は建物を防水し、寿命を延ばすことが目的なのを知っていましたか?

壁のひび割れや塗装の膜が劣化することで壁の内側に雨水が入り込み、下地の柱を腐らせてしまう、といった事態になると家の寿命が縮まってしまいます。
(屋根の雨漏りは直接天井に落ちるので音やシミですぐに気付きますが、壁の雨漏りは外側のひび割れ位からしか判断する事が出来ません。)

この状況に至ると材木は湿気を含み、白蟻を呼ぶ可能性もあります。
悪化してしまうと、塗装だけでは済まないこともあります。

外壁塗装には、こうした雨漏りによる2次的被害の誘発を阻止する役目があります。
しかし、日常生活の中で、壁の内側の状況など見れるはずもありません。

 この3つのサインが出たら要注意!

ピンホール

外壁の表面に見える小さな穴の事を「ピンホール」

吹付け塗装を行った際に、空気を巻き込んでしまい、乾燥過程でその空気が抜ける際に出来る穴のことです。
施工上、どうしても仕方のない事なのですが、防水効果を損なうことになります。

チョーキング

 外壁に触れた時に白い粉のがつくことを「チョーキング」

触ると手が白くなる時がありますよね。
塗膜の劣化により塗料成分が浮き出てしまい手についているのです。
防水性が失われてきていますので塗装の検討を始める必要があります。
 

クラック

外壁のひび割れ(クラック)を発見したら要注意です。

小さなひび割れから始まり、だんだん大きく深くなっていき、このひび割れから、水が浸入し壁内部を腐食させる原因になります。
外見の症状以上に、内部ではかなり劣化が進行している場合もありますので、見つけたらすぐに塗装することをお勧めします。
 

 

 

ページ上部へ